化粧品の使い方

うるプラシリーズの使い方

朝と夜の洗顔の使い分けが、なりたい肌に近づく鍵です。
朝は、睡眠中の汚れなど不要なものを落とし、肌をメイク前のスタンバイ状態にしてあげるだけで良いのです。そして夜は、一日がんばった肌を裸にしてあげる洗浄力を持ちながら、メイクを脱いだ肌に潤いを届けてあげるスキンケアが必要。このライフスタイルに合わせたスキンケアが、毎日の美肌の命運を握っています。

洗う 洗顔クリーム

朝

洗う 洗顔クリーム
「洗顔クリーム」を、手のひらで充分泡立てて洗います。眠っている間の汚れや、余分な皮脂、古い角質を優しく取り除きます。

洗う 洗顔クリーム

夜

洗う 洗顔ソープ
「洗顔ソープ」を泡立てて、軽くマッサージ。頑固なメイク汚れを毛穴の奥からすっと浮かせて、しっかり落とします。

洗う 洗顔クリーム

朝夜

潤す ローション
「ローション」を、Tゾーン中心に肌全体になじませます。天然成分がすばやい浸透力で、真皮層までうるおいを届けます。

洗う 洗顔クリーム

朝夜

補う 美容液
「美容液」を気になる部分からゆっくりと、顔全体にのばします。美容成分が細胞の一つひとつに、しっかりと働きかけます。

ソープの使い方

肌のターンオーバーを整える、洗顔は基本中の基本。ターンオーバーの周期は、30代では40日、50代では50日以上に延びてしまいます。歳をとると肌のトラブルが多くなるのはこのため。洗顔で古い角質を落として、肌のターンオーバーを本来の28日に整えてあげることが大切です。まずは、正しい洗顔方法をしっかり習得しておきましょう。

ステップ1
ステップ1
ざらざらとした感触が、ツルリンとなるまで繰り返しぬるま湯で顔をすすぎます。
ステップ2
ステップ2
ソープを濡れた手のひらで5回ほど回し、泡立てネットで少し固めの泡が、両手にこんもり盛るまで泡立てます。
ステップ3
ステップ3
指でこするのではなく、泡をクッションに撫でるように30秒マッサージします。脂分の多いTゾーンから始めます。
ステップ4
ステップ4
冷水で泡を洗い流し、泡立てネットに残った泡を使ってもう一度洗います。1度目は化粧を、2度目は角質を落とします。
ステップ5
ステップ5
冷水ですすぎます。小鼻のわきやはえぎわ、あごの下なども忘れずに。タオルでやさしく押さえて水気を取ります。
ステップ6
ステップ6
手のひらにお湯を足して、顔全体をこすると、消しゴムのカスのような古い角質がポロポロとでます。

美容液の使い方

健康な角質層をつくるには、洗顔後の保湿が大切です。肌がうるおってキメが整う「美容液パック」は肌の弱い方でもできる保湿ケア。お風呂ついでにできるので、時間がない方にもぴったりです。次の日の化粧のノリが断然違う。2~3日に1回のパックをオススメします。

ステップ1
ステップ6
お風呂に入ったとき、洗顔した後に軽くタオルで水分を吸い取り、顔全体に美容液をたっぷりつけてください。
ステップ2
ステップ6
そのまま浴槽に10分。蒸気で角質を柔らかくして、うるおい成分を肌深部にまでしっかり補給します。
ステップ3
ステップ6
お風呂からあがるときに、水でしっかりと洗い流して下さい。古くなった角質や毛穴の汚れが取り除きやすくなっています。
ステップ4
ステップ6
お風呂からあがったら、ローションを5回、美容液を2~3回プッシュして肌にたたき込みます。

ページのトップへ